アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

栄養をつける

介護食に使う変わった素材

介護食とは、介護を受けなければならない人が食べやすいように加工されている食事のことであり、形態調整食とも呼ばれています。
咀嚼や嚥下が容易に出来るという特徴があり、栄養面に考慮された食材が使用された食事となっています。

介護食の始まりは、通常の食事を取ることの出来ない終末期介護の患者を受けている人に食べる楽しみを与えるために、神奈川県にある老人ホームで開発されました。
介護食は、歯茎で食材を潰せるほどの柔らかさのものから、食材を噛まずに飲み込むことが出来るものまで、形態によってレシピなども数段階に分類されています。

形態が色々ある

スタミナもつく介護食

調理形態には、ミキサーで流動体にしたものやゼラチンなどでゲル状にしたものなど、食事する人が楽しめるような様々な種類のものがあります。
介護食のレシピは、インターネットなどの無料の媒体に多く掲載されているため、簡単にレシピを集めることが出来ます。

健康や献立の組み合わせに考慮された、専門家が監修した専門のレシピ本も多数出版されているため、栄養バランスが整ったメニューを毎日揃えることが可能です。
介護食は、様々な企業が食材の見た目を保ったままのものなどの工夫を凝らしたものを、多種類の製品を販売しているため、専用のネットショッピングサイトや、ドラッグストアで手軽に購入することが出来ます。
自分では作ることの難しいレシピのものも、販売されているため、自作とレトルトを組み合わせると、介護を行う人の負担を大きく減らすことが出来ます。

気をつけるポイント

柔らかく食べ易い介護食の素材

日本国内では、高齢社会の問題が取り上げられることが増えてきており、お年寄りの家族を持つ人にとっては、様々な対策を立てることが求められています。
そうした中、介護食のレシピについてあらゆるメディアで取り上げられるようになっていることもあり、調理法などに関心を持っている場合にはしっかりと勉強をすることが良いとされています。
たとえば、お年寄りのための介護食のレシピを考えるうえでは、食材の選び方が非常に重要なものとしてとらえられています。
とりわけ、お年寄りは栄養素が体内で不足しやすいことが指摘されていることから、野菜や果物などを効率よく取り入れることが勧められています。

現在では、介護食のレシピの詳しい情報がインターネット上でも紹介されているために、いつでも好きな時間帯を利用して有意義な情報を仕入れることができます。
介護食に適した食材については、お年寄りの口のサイズに合ったものや、消化の良いものなどがあり、調理法に工夫をすることによって、様々なレシピを考案することができるようになっています。
多くの日本人にとって、食材の選び方は大きなテーマとなっていますが、できるだけ新鮮で農薬の使われていないものが介護食にも適しているといわれており、食材の購入先に気を配ることによって、安全性の高い食事を作ることができます。
今後も、介護食に対して様々な関心を持つ人の数が全国区で増加してゆくことが期待されています。